記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨のぶどう狩りの楽しみ方とおすすめスポット

budou-g

夏から秋にかけてみんなで楽しめる山梨のぶどう狩り。
たまには休日を利用して、家族でぶどう狩りに行かれるのも良いものです。

ぶどう園では、頭上に広がる緑の棚から木漏れ日が優しく降り注ぎ、
枝にはたわわに実ったぶどうの房がたくさん!

全国的にも有名な山梨県のぶどう狩り、想像しただけでも美味しそうな光景ですね。

でも、ぶどう狩りっていつごろが良いの?
どこの農園がおすすめなの?
いざ出かけたいけど、意外とぶどう狩りにいて分からないものですよね。

そんな、山梨のぶどう狩りについて知りたい方に、ぶどう狩りのシーズンとおすすめスポットをご紹介します。

そして、ルールやマナーについてもしっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク

 

 

山梨のぶどう狩りのシーズンはいつ頃?

山梨のぶどう狩りシーズンは、だいたい7月中旬~10月下旬までとなっています。

しかし、実は栽培されているぶどうの品種の違いなどの理由から、農園によって収穫できる期間がまちまちになっています。

ですから、ぶどう狩りに行く前に、まずはお目当ての農園がぶどう狩りを行っている時期を、前もってきちんと調べておくことが大切です。

ちなみに人気の高いぶどうのピーク時期は下記のとおりです。

  • デラウェア: 7月下旬~8月下旬
  • 巨峰: 8月中旬~10月上旬
  • ピオーネ: 8月中旬~9月下旬
  • ネオ・マスカット: 8月上旬~10月上旬
  • ベリーA: 9月中旬~10月下旬
  • 甲斐路(かいじ): 9月上旬~10月中旬
  • 甲州: 9月上旬~10月下旬

8ff2720_s

 

ぶどう狩りの楽しみ方

まず、ぶどう狩りをする前に準備しておくべきものが幾つかあります。
虫除けスプレー、軍手、そしてウェットティッシュです。
なにぶん夏場から晩秋までの農園で楽しむイベントですので、蚊などの虫は避けられません。

また土に触れることもあるでしょうから軍手も必須です。

そして何よりも必要なのがウェットティッシュです。
果汁たっぷりの実を一粒食べるたびに手がベタベタになって手を洗いに・・・
なんて面倒なことから解放してくれます。

また、帽子や日焼け止めなどのUVケアも忘れずに。

c7bcb_s

ぶどうの品種には有名なものだけでも、デラウェア、ピオーネ、巨峰、
スチューベン、マスカットベリーA、ナイアガラなどがあります。

ひとつの農園には幾つかの品種が栽培されていますので、それぞれを食べ比べてみるのもとても楽しいですよね。

氷を持っていって冷やして食べるのも美味しいですよ。

表面に白い粉がふき、色が濃く、粒と粒との間に多少の隙間があるものが甘いとされています。

ぶどうは食べ切ってから次を狩るのがルールです。

また、房ごと狩りとらず、一粒だけもいで味見なんて行為は最低のルール違反です。

誰かの食べ残しをあなたが食べたいと思わないように、誰かもあなたの食べ残しを食べたいとは思いません。

スポンサードリンク

 

 

おすすめのぶどう狩り農園はココ

山梨といえばぶどう、ぶどうといえば勝沼!

山梨県甲州市勝沼のぶどう狩りで、代表的なオススメ農園はこの3軒です

久保田園

場所/甲州市勝沼町勝沼1611

料金/入園無料、1kgあたり800~1500円で買取

備考/ぶどう狩りの老舗農園。40品種以上のぶどうが楽しめる。

ホームページ:http://kubotaen.net/

釈迦堂東口園

場所/甲州市勝沼町下岩崎2793

料金/ぶどう食べ放題1500円

備考/品質重視で、ぶどうだけでなく桃やさくらんぼも栽培。

ホームページ:http://www.katsunuma.ne.jp/~shakado/index.htm

自由園

場所/甲州市勝沼町等々力151

料金/
・入場無料量り売りコース(時期によって変動)
・もぎ放題コース(時期によって変動)
・食べ放題コース大人2000円子供1000円

備考/こちらの食べ放題コースはなんと時間無制限!

ホームページ:http://jiyuuen.jimdo.com/

 

最後に一言、山梨のぶどう狩りについて

真夏の太陽の下、とても瑞々しく美味しいぶどうを自分で収穫しておなかいっぱい食べるなんて、想像するだけで口の中に唾液が溢れてきます。

きっとあなたのとなりで恋人や家族が楽しそうに笑っているはずです。

農園によって色々な特色がありますので、きちんと下調べしておきたいものですね。

この夏、様々な品種のぶどうをとことんまで味わい尽くしてみませんか?

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る