記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

60f37_s

秋晴れの運動会当日、ママは早朝からお弁当の準備で大忙し。

子供たちは見た目が可愛くて美味しくてボリューム満点のお弁当を楽しみにしています。

ですが、おにぎりやおかず、デザートなどを当日の朝から作っていたら大変です。

愛しいわが子が出る種目がきた頃には疲れきっていて、わが子の勇姿の撮影を失敗でもしたら目も当てられません。

そんな失敗をしないために大切なのは、実は「前日までにどれだけの準備ができるか」という点なのです。

作り置きや下ごしらえで、運動会当日のお弁当作りを楽に済ましちゃいましょう。
 

スポンサードリンク



 

作り置きができるオススメのおかずは?

前日に作り置きできるおかずの代表は、やはり筑前煮や豚の角煮などの煮物でしょう。

8120bc_s

煮物は冷めていく過程で味が染みていくので、前日の夜に作っておくとお昼に食べるときにはとても美味しくなっています。

味付きうずらのたまごや、キュウリの浅漬け、茹でたブロッコリーやとうもろこし、酢を使う稲荷寿司やちらし寿司など、前日のうちに作れる料理は仕上げておきましょう。

 

前日の準備と下ごしらえ

唐揚げやハンバーグ、スコッチエッグなど、当日に火を通す必要のある料理は、どれだけ前日に下ごしらえができるのかが、とても重要になります。

 

18e5e3_s

唐揚げは鶏肉を漬け汁に一晩漬け込むとしっかり味がつきますし、ハンバーグやスコッチエッグの種、豚のしょうが焼きなども、前日に仕込んでおくことで味が馴染んでくれます。

アスパラベーコンなども、あとは焼くだけの状態まで下ごしらえをしておきましょう。

作り置きしておいた料理と、下ごしらえしておいた料理を調理にお弁当箱に詰め込むだけですので、手間も少なく焦ることもありません。
 

スポンサードリンク



 

作り置きに向かないおかず

ではお弁当で一番注意すべきことはなんでしょうか。

美味しいこと、ボリューム、見た目など、色々ありますが、
一番中にしなければならないことは食中毒です。

3d1e4d_s
例えば、半熟のたまごはとても美味しいですが、きちんと熱が通っていないたまご料理は食中毒を引き起こす可能性がとても高く、お弁当には向いていません。

たまご料理は完全に熱を通すのが鉄則です。

また菌の繁殖を防ぐため、前日までに作り置いたおかずは当日まで低温で保存し、おにぎりやサンドイッチを作る際には使い捨ての手袋などを使用しましょう。

また、サラダに使うミニトマトのヘタは、菌が増殖しますので必ず取るようにしてください。

 

運動会の当日が楽になるオススメのおかず

前日に下ごしらえをしたり、作り置きをすることで当日が楽になるおかずや、
当日の朝、手間なく簡単にできるおかずなどを紹介します。

・唐揚げ…前日から漬け込んでおくととても美味しいです。

・ハンバーグ、スコッチエッグ…種と成形を前日にしておきます。

・アスパラベーコン…前日のうちにアスパラにベーコンは巻いておきます。

・豚肉のしょうが焼き…前日から漬け込んでおくとしっかりと味がつきます。

・ウインナー…当日に茹でるだけでとても簡単です。

・エビフライ…前日のうちに衣までつけておきます。

・カップちらし寿司…紙コップを利用して、一人分ずつのちらし寿司に。お弁当箱も汚れずとても便利でオススメです。

・おにぎらず…握りこむ必要がないので簡単なうえに衛生的です。

 

まとめ

子供たちもがとても楽しみにしている運動会のお弁当。色とりどり、たくさんの料理を朝の短い時間で用意するのはとても大変です。

当日に子供たちの活躍をたっぷりと楽しむためにも、前日までにできる準備はしっかりとしておきたいものですね。

また、食中毒を引き起こしやすい食材や調味料、調理方法、菌を繁殖さない保存方法など、注意すべき点も少なくないです。

子供たちがおなかいっぱいになるまで美味しく食べることができるお弁当、ママも無理をせずに楽しく作りたいものですね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る