記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諏訪湖祭湖上花火大会2016年の日程とおすすめスポット!

7d1ce_s

諏訪湖を中心とした花火絶景な穴場スポット!!

夏といえば色々な風物詩がありますよね。
スイカ、海、夏祭り、花火大会、楽しい事が目白押しなのが、そう、夏ですね。

そんな中で、今回は諏訪湖祭湖上花火大会に注目してみましょう。

真夏の花火大会は全国各地で開催されていますが、長野県の諏訪湖で行われる諏訪湖祭湖上花火大会は、
数ある花火大会の中でも5本の指に入る規模となっています。

そんな諏訪湖祭湖上花火大会について詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 

 

諏訪湖祭湖上花火大会2016年の日程と時間は?

2016年の諏訪湖祭湖上花火大会の日程や時間は次のとおりとなっています。

開催日時:2016年8月15日(月)
※雨天決行、延期はありません。

打ち上げ開始時間:午後7:00〜

開催場所:諏訪市湖畔前諏訪湖上

このようなスケジュールが組まれていますが、お盆の連休の真っ最中ということもあって、
毎年大勢の人で賑わいます。

そのため、諏訪湖の周辺道路は非常に渋滞しますので、お出かけの際はくれぐれもご注意下さい。

 

諏訪湖祭湖上花火大会ってどんな感じ?

長野県諏訪郡で行われる、湖上花火は、4万発が打ち上げられ、今まで60回以上も行われている、歴史の深い花火大会です。

音、振動、すべてにおいて大迫力ですよ。

2016年の花火大会は諏訪の御柱祭が行われた事もあり、御柱色の強い花火大会になるかもしれませんね。

諏訪湖の周りは、下諏訪側周辺から諏訪の豊田地域辺りまでが時間で歩行者天国になります。
たくさんの出店が出てお祭りムード満点になりますので、湖岸で半日以上座って花火の始まるのを待っていても、あっという間に時間が過ぎてしまいますよ。

【YouTube 諏訪湖祭湖上花火大会2015の様子】

 

 

諏訪湖祭湖上花火大会の見どころやお勧めスポットは?

この花火大会の見どころはどの花火も綺麗なのですが、やはり諏訪湖ならではの花火になります。

言わずと知れた水上スターマインです。
この水上スターマインを観て、諏訪湖祭湖上花火大会のファンになった方も多いはずだと思います。

さらに見どころとして、打ち上がる数が多過ぎる(嬉しいですが)ところですね。
これでもか!と言うくらい花火師の方々が打ち上げてくれます。

間髪入れず打ち上がる花火は圧巻です。

あと、最終ナイヤガラの滝も諏訪湖特有、と言っても過言ではない気がします。
こちらも、なんだか胸にジーンときて、とてもよいですね。

すべてにおいて目が離せませんが、ポイントを抑えておくと、より一層楽しめると思います。

スポンサードリンク

 

穴場スポットをご紹介

穴場スポットになるとやはり公園系が多くなってしまいますね。

諏訪は、諏訪湖から岡谷、下諏訪、諏訪とすり鉢のように上がっていますので、
高めの位置にある公園が穴場スポットになります。

花火大会の雰囲気は感じれますが、やはり臨場感となると上から花火を見下ろす感じになりますから、あまり迫力は期待できないと思われます。

穴場で代表的なのが、
・立石公園(諏訪市)、
・やまびこ公園(岡谷市)
・諏訪湖サービスエリアなどあります。

立石公園、諏訪湖サービスエリアは、ハズレ無しですね。
※ただし、諏訪湖サービスエリアは、中央自動車道において利用が規制されますのでご注意下さい。

穴場スポットは、混雑を避けたい方、小さいお子さんと安全に遠くから見たい方などに参考にしてもらえたらと思います。

 

アクセス情報

車の場合: 東京、名古屋から中央自動車道で約2時間(渋滞なしの場合)
諏訪インターまたは岡谷インターをご利用下さい。

電車の場合: 新宿から特急あずさで約2時間
名古屋から塩尻まで特急で約2時間、そこから中央線普通で、諏訪まで約40分
(混雑状況によります)

 

最後に一言、諏訪湖祭湖上花火大会について

諏訪湖祭湖上花火大会は、ポイント見どころを抑えて花火を見ると、期待以上に楽しく花火が観れると思います。

水上スターマインは見ごたえがかなりありますし、今年は御柱年でもあったので、また違った演出が期待できるかもしれません。

熱中症対策も、虫刺されにも気をつけつつ、綺麗な花火を楽しく見てくださいね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る