記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静電気の対策!パチッとしなくなる方法とは?

spark-01

ドアノブを触ろうとした瞬間に、バチッ!

衣類を脱ごうとするとパチパチッとして、静電気はとても嫌なものですよね。

冬場になるといたるところで静電気が発生し、その度に痛くてイヤな思いをしてしまうものです。

この恐怖さえ覚える静電気がとても苦手な方もきっと多いと思います。

では、どうしたら静電気は防げるのでしょうか?
静電気を防ぐにはどんな対策があるのでしょうか?

そんな静電気について原因や対策など詳しく紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

どうして静電気は起きるのか?

静電気の対策を知る前に、どうして静電気は起きるのか?
まずは、その仕組みや原因について知っておきましょう。

簡単に言ってしまうと、
静電気の仕組みは、電気の「帯電と移動」によるものです。

まず、帯電ですが、
子供の頃にプラスティックの下敷きで髪の毛で擦って、髪の毛が逆立った経験がありますよね。
これは摩擦によって下敷きに電気が溜まって起きたものです。

sdenk-01

物には電気を通しやすいものと通しにくいものがあります。
電気を通しにくいものは電気を逃がすことができずに溜め込んでしまいます。
これが帯電というわけです。

プラスティックの下敷きは電気を通しにくいため帯電してしまうんですね。

次に電気の移動ですが、
これはマイナスの電気の移動が関係しています。

物にはプラスとマイナスの電荷を持っていますが、
物質によりプラスを溜めやすいものとマイナスを溜めやすいものがあります。

プラスが多い物質はマイナスを欲しがります。
逆にマイナスが多いものはマイナスを出したがります。

そして、お互いに触れた瞬間に一気にマイナスが移動します。
これが電気の移動というわけです。
(なぜかマイナスしか移動しませんが…)

雷もまたこれと同じ原理です。
雲の中で雹(ヒョウ)同士がぶつかって蓄えられた静電気が一気に地表へ流れる現象です。

59edfa_s

私たちの体験する静電気は、この帯電した電気が一瞬で流れる時に感じます。

よくドアノブなどに触れるとバチッと火花が飛び、痛いほど手にショックを感じるあの現象です。
体に帯電した電気がドアノブを通じて一気に移動した事によるものなんですね。

これが静電気の仕組みということになります。

 

静電気が起きる条件としては、帯電しやすい衣類と空気の湿度が関係しています。

そこで、次は静電気を溜めやすい衣類や静電気の起こる条件について紹介していきます。

 

 

静電気が起きる条件は? どんな衣類が帯電しやすい?

静電気が起きる条件は、帯電しやすい衣類を着ているときと空気の湿度(乾燥)にあります。

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

衣類と帯電の関係

まず、衣類には電気を溜めやすい衣類とそうでない衣類とがあります。
しかも、プラスを溜めやすい衣類とマイナスを溜めやすい衣類があるので厄介です。

衣類の素材と帯電の関係は、下の図のような結果となっています。

rist41_s

ここで問題となるのが衣類の組み合わせです。

プラスを溜めやすい素材とマイナスを溜めやすい素材を組み合わせると静電気が発生しやすくなります。

例えば、ポリエステルのシャツの上にウールのセーター、
アクリルのシャツの上にナイロンのジャンバーといったような組み合わせです。

また、綿や革製品などは、あまり静電気が起きないと言えるのではないでしょうか。

 

静電気と湿度の関係

静電気は、空気中の湿度の状態が密接に関係しています。

静電気は、空気が乾燥している冬場によく起こります。
これは空気中の湿度が少ないためです。

衣類などの摩擦によって生じた静電気は体に帯電していますが、湿度が高いと空気中に放電されます。
しかし、湿度が低いと帯電した電気の逃げ場がなく、そのまま体に帯電したままになってしまいます。

そして、なにか金属に触れると一気に電気が流れ、バチッっとシビレてしまうわけです。

f4614_s-ajpg

実は、夏場でも静電気は起きていますが、常に空気中に逃げているため冬場のように感電するようなことは起きません。

夏は非常に湿度が高いので、空気中に電気が逃げれる材料がいっぱいあるんですね。

このように静電気による感電は湿度が高いと起きにくくなります。
ですから、冬場に静電気で悩みたくないのなら、加湿器などでお部屋の湿度を高くするようにしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

静電気対策あれこれ

静電気の対策は、以外と簡単にできるものが多いです。
ちょっとした工夫でイヤな思いをしなくて済みますので実践してみて下さい。

 

車を降りる時の対策

車を降りる際の静電気の原因は一体何でしょう?
実は、車を降りる時の静電気はシートと衣類の摩擦によって発生しています。

車から降りる時ってお尻を中心に足を外側に回しますよね。
その瞬間にシートと衣類の摩擦によって静電気が帯電してしまうのです。
ですから、なるべく車から降りる時はシートで背中やお尻を擦らないように注意する必要があります。

そして、車を降りる時の対策ですが、
車の場合、地面に足をつける前に体に帯電した静電気を放電する必要がありますので、金属部分を触りながら地面に足をつけるようにします。

attraktive Frau im Auto

降り方としては、車のボディ(金属部分)に手を触れたまま降りるようにします。
すると体に帯電していた静電気が車に移動してくれるのでビリっとくることもありません。

もしくは一旦降りた後に、肘や背中などで車のボディに触ると痛みを感じずに放電することができます。
ドアの内張りなどは樹脂製なので触っても放電しませんので、必ず金属部分を触るようにしましょう。

 

玄関ドアに触れる時の対策

玄関のドアに触れる時の対策も車と同じで、一旦どこかに放電してあげる必要があります。

一番手っ取り早いのは、肘や背中など衣類の一部で一度ドアに触れることです。
肌で直接触らないので、放電してもけっして痛みを感じることはありません。

その後、あらためてキーを使えばバチッっとすることもなく安心してドアを開けることができます。

 

髪の毛の静電気の対策

sdenk-02

髪の毛の静電気の大きな原因として、空気と髪の乾燥があります。
乾燥した空気によって摩擦が起こりやすくなり静電気が発生しやすくなります。

この場合の静電気の対策としては、乾燥している状態をなくせば良いという事になります。

髪の毛に水分を保たせるためのトリートメントを使うと髪の毛の静電気にはとても有効です。
またブラッシング時に保湿スプレーをしたり、静電気防止用のブラシを使う事により静電気を防止する事ができます。

いずれにしても、髪の毛の潤いを保っていれば静電気を起こすこともなく、綺麗にヘアースタイルを保つことができるでしょう。

 

 

持っていると便利な静電気対策グッズ

静電気防止グッズはキーホルダータイプや、身につけて放電させるブレスレットタイプなど色んな種類があります。
また、衣類や髪の毛などは静電気防止スプレーなどが販売されています。

 

・静電気除去キーホルダー

先端を車のドアなど金属部分に近づけるだけで、静電気を ”光り” に変えて放電します。


LAUDA(ラウダ) 静電気除去 キーホルダー
amzon

 

・放電ブレスレット

身につけているだけで静電気を軽減。
誰も静電気除去ブレスだと思わないシンプルなデザインです。
アースの役割を果たす特殊な繊維を編み込んでいます。


COLANCOLAN(コランコラン)
S-GUARDブレスレット黒M
amzon

 

・静電気軽減シート

ドアなどに貼っておき、開ける前にタッチすることで静電気を防止します。
玄関ドアなどに貼っておくと非常に便利です。


静電気軽減シート パチカット 6枚組
amzon

 

このように静電気対策グッズは、各用途によって使い分ける事ができますので、一つずつ持っていると便利だと思います。

 

 

最後に一言、静電気対策について

静電気の対策について色々と紹介してきました。

まず静電気は体に帯電させないことが大切です。

できる限り帯電しにくい衣類を身につけるようにしましょう。

オシャレのために帯電しやすい衣類を選ぶ場合は、静電気防止スプレーを持ち歩くことをオススメします。

また、静電気を放電してくれるキーホルダーなどを持ち歩き、車のドアや部屋のドアノブを触る時に使用すれば常に安心して過ごせるのではないでしょうか。

この冬は衣類の組み合わせなどをよく考えて、静電気から開放されましょう。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る