記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸はいつ?日本人なら知っておきたいお彼岸の時期

7c98d6_s

「熱さ寒さも彼岸まで」という言葉は良く耳にしますが、
実際にお彼岸は、いつからいつまでの期間の事をいうのでしょうか?

どうしてお墓参りにいくのでしょう?

「何となくそういうものだから」、という程度にしか思ってないのでは?

日本の古くからの風習なのに、考えてみると知らないことが多いですね。

春と秋にあるお彼岸。

しっかりと理解してご先祖様の供養をしたいものですよね。

スポンサードリンク

 

 

お彼岸っていつ頃のこと?2016年のお彼岸は?

お彼岸の期間は、春と秋の2回あります。

〇春のお彼岸は春分の日を中日として、その前後3日を合わせた7日間です。
〇秋のお彼岸は秋分の日を中日として、その前後3日をあわせた7日間です。

具体的に2016年は次のとおりとなっています。

春のお彼岸3月17日(木)~3月23日(水)
3月17日:彼岸入り
3月20日:彼岸の中日(春分の日・21日振替休日)
3月23日:彼岸明け

秋のお彼岸9月19日(月)~9月25日(日)
9月19日:彼岸入り
9月22日:彼岸の中日(秋分の日・祝日)
9月25日:彼岸明け

この7日間の間で、それぞれのご家庭の都合に合わせてお墓参りをするようにしましょう。

特にこの期間は途中に祝日が入りますので、連休などに合わせて行かれるのも良いでしょう。

 

お彼岸の由来とは?

6a7b9_s

お彼岸の「彼岸」とは仏教用語で「彼方の岸」、ようするに向こう岸という意味です。
向こう側はいわゆる「極楽浄土」を指します。

ちなみに「彼岸」の対語は「此岸」(シガン)といって「こちらの岸」という意味です。
「彼岸」は亡くなった祖先のところ、「此岸」は生きている人のところなのです。

仏教では、極楽浄土は西の果ての方向にあり、その反対側が生きている人の世界
という考え方があります。

昼と夜の長さが同じになり太陽が真西に沈む事で
極楽浄土の方角がハッキリわかる春分の日と秋分の日が、法要に適していると
考えて来きたという事です。

イメージとして、現世の人が真西にある極楽浄土の先祖に近づいて、
日々の生活や自然に感謝する日のような感じでしょうか。

さらに深い意味を調べてみました。

 

お彼岸の間に考えたい6つの徳とは?

日本人は昔から先祖に感謝し敬う事で、日常の安定を願ってきました。
伝えられてきた行事の中にも、極楽浄土に近づく為の教訓のような事があります。
6つの徳
1.「布施」(ふせ)=財や心を他人に施す事
2・「持戒」(じかい)=心を戒める事、他人に迷惑をかけない事
3・「忍辱」(にんにく)=不平不満を言わないこと、腹を立てない事
4.「精進」(しょうじん)=常に努力を惜しまない事、全力で物事にあたる事
5、「禅定」(ぜんじょう)=心を静かに保つ事、反省を忘れない事
6、「智慧」(ちえ)=真実を見る智慧、正しい判断を身に付ける事

6つの事を修行する事で、人生が豊かになり、ゆくゆくは極楽浄土にいける
との仏教の教えですが、普段の日常では、なかなか出来るものではありませんね。
ですから、せめて年に2回のお彼岸の時だけでも、と、
遠い祖先が教えてくれているのでしょう。

スポンサードリンク

 

 

ぼた餅とおはぎは何が違うの?

953cf_s

お供えする「ぼた餅」と「おはぎ」何故呼び方が違うのでしょうか?

名前が違うのは、食べる季節が異なるためです。

春のお彼岸では、牡丹の花に見立てて「牡丹餅(ぼた餅)」と呼び、こしあんで包むのが一般的です。

秋のお彼岸では、小豆餳の色を萩の花に見立てて「お萩」と呼び、粒あんで包みます。

現在ではあまり区別なく使われていますが、やはり本来の呼び方を知った上で、
正しい使い方をしていきたいものですね。

最近では、若い人はあまり食べなくなったようで、なんとなく寂しい気持ちもしますが、
昔は「ぼた餅」や「おはぎ」というと、とてもごちそうだったんですよね。

あんこが苦手という人もいますが、お彼岸の時だけは食べてほしいものです。

 

最後に一言、お彼岸について

「熱さ寒さも彼岸まで」といわれるように、穏やかな季節にお墓参りをするお彼岸。

お墓参りでは、先祖の墓石を洗い、雑草を抜き、お墓の周りをきれいに掃除して、
お花やお線香をお供えしましょう。

生まれてきた事を感謝し、幸せを感じる事が
日本人の根底に流れる尊い思いに、触れる事に繋がるのでしょうね。

年に二回のことですので、ご先祖様のことを思い出しながら、しっかりと供養いたしましょう。

そんな日本の心を大切にしていきたいものですね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る