記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ寝ている時に足がつるの?その原因やその対処法は?

femme qui a mal la jambe allonge

「あ~痛い! 足がつる!」

夜中、眠っている時に足に突然の痛み!

このように突然足がつって目が覚めた経験がある人は意外と多いのではないでしょうか。

それがたまになら問題はありませんが、頻繁に続くと肉離れや睡眠障害につながる場合もあるのです。

どうして足がつるのでしょう?
足がつった時の対処法はどうしたらいいのでしょう?

ここではその原因と対処方法、そして足がつらない予防方法をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

寝ている時に足がつる原因は?

寝ている時に足がつる

寝ている時に足がつる場合にはいくつかの原因があります。
・ミネラルバランスの崩れや水分不足
・足の冷やし過ぎ
・下半身への血液の滞留

まず、昼間にたくさん汗をかく人は、ミネラルのバランスが崩れたり水分の不足により足がつる原因となります。

drw557

脳や神経からの命令によって筋肉は収縮していますが、筋肉の疲労などで筋肉内の電解質やミネラルバランスが乱れてしまい必要以上に筋肉が収縮してしまいます。

そして、その結果、筋肉に痙攣が起きてしまうという理由なのです。

また、夏に冷房をつけたまま足を出して寝ていたり、とても寒い日など、身体が冷えることが原因にもなります。

睡眠中は本人の知らない間に足が冷えてしまうことがあるので、タオルケットなどで足を冷やし過ぎいないように守ってあげましょう。

そして、年配の方や運動不足の人も筋肉量の低下により下半身の血流が減ってしまい、ビタミン・ミネラルなど栄養分の補給がうまくいかなくなって、運動していないのに疲労が溜まり足がつることがあります。

しかし年配者は足がつる以外にも手足のむくみやしびれがある場合、糖尿病・椎間板ヘルニア・腎臓疾患・脳梗塞・脊柱管狭窄症などの病気が潜んでいる場合もありますので、病院への受診をおすすめします。

 

 

足がつった時の対処法

6e9d5_s

寝ている時に足がつるとものすごく耐えられないくらいの激痛に襲われますよね。

どうにもならなくて七転八倒しながら苦しんでしまいます。

寝ている時に足がつった場合、寝ぼけながらの対処となりとても辛いとは思いますが、簡単にできる対処方法をお伝えします。

 

まずは体をリラックスさせる

ftl9081_xs

激痛からどうしても体に力が入ってしまいますが、まずは落ち着いてリラックスすることが重要です。

大変でしょうが、まずはできる限り身体から力を抜いてリラックスすることを心がけましょう。

 

慌ててマッサージをしない

足がつるとつい力を入れてふくらはぎなどをマッサージしがちですが、それは逆効果です。

肉離れにつながる恐れがあるため、足が楽になる角度を見つけてゆっくりストレッチしていきます。

 

足のストレッチをする

アキレス腱を伸ばす感じで、じわじわと伸ばしていきましょう。

緊張してしまっている筋肉をほぐすため足の力を抜いて足首を回します。

膝を伸ばした状態だと更に足がつる状態になりますので、膝を曲げて立てた状態で眠ります。

膝を立てるのが難しい場合は伸ばした足の膝の下に丸めたタオルやクッションを入れても大丈夫です。

 

スポンサードリンク

 

 

足がつらないようにする予防は?

上記はあくまで緊急時の対策であり、原因を解決しないとまた足がつることは避けられません。

そこで普段の生活の中で予防する方法をご紹介します。

 

ミネラルバランスを整える

まず、乱れてしまったミネラルバランスを整えるために、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなど電解質を補給します。
自分自身ではほとんど自覚がないと思いますが、足がつる症状があるということはミネラルバランスが崩れている可能性が疑われます。
ミネラルや電解質補給をすることで改善したという人もいますので、しばらく試してみましょう。

b2b43_s

寝る前に足を温める

そして次に大事なのが寝る前に体をしっかり温めること。
特に足が冷えていると寝ている時に足が吊りやすいので、寝る前によく足を温めておきましょう。

できればシャワーではなく、毎日浴槽にしっかりと浸かり、ややぬるめのお湯でゆっくりと身体を温めます。
半身浴のつもりで、できれば20分以上浸かるのが理想的です。

a0b3f_s

また、寝る前には長めのソックスを履くなどして、ふくらはぎを冷やさないようにしましょう。
特に、夏場にエアコンを点けっぱなしで寝るときには要注意です。

夏でもひざより下はソックスなどで暖かくしてあげるように心がけましょう。

 

ストレッチや適度な運動

そして、何よりも予防でいちばん大切なことは、日頃の体調管理をしっかりすることです。

ストレッチやリンパマッサージをして疲労物質を溜めないことや、適度な運動で下半身の血流改善を図ることもとても効果的ですよ。

5c6e5_s

日頃運動不足だったり、疲れが溜まってきたりすると体が固くなり、血流やリンパの流れが悪くなります。

毎日5分程度で良いので、少しずつストレッチをするようにしましょう。

ストレッチを繰り返すことで柔軟性ができ、足がつることを予防することができますよ。

 

 

最後に一言、寝ている時に足がつる人に

気持ちよく寝ている時に足がつった状態はとても辛いですよね。

別に足が疲れているわけでもないのに急につったりします。
たまにつるのなら良いのですが、何度も繰り返すと睡眠障害を引き起こしたりして全身に影響が出るので注意が必要です。

そばに誰かいてくれて、すぐに対処してくれれば良いのですが、一人っきりの時は対処法にとても苦労します。

もしも寝ている時に足がつった時には慌ててはいけません。
無理にふくらはぎを擦らずに、まずは体をリラックスさせて楽なポーズをとりましょう。

頻繁に寝ているときに足がつるような症状を起こさないようするためにも、日頃から適切な対処・予防をすることが大切です。

毎日が安心して快眠できるよう心掛けたいものですね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る