記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上司あての年賀状に一言添えるには?

最近ではお正月の年賀状を出す風習もなんとなく薄れてきた気がします。
インターネットの普及によりメールやSNSで済ます人が増え、年賀状を出すことが省略されつつあります。

でも、年配の方はもちろん、ビジネスマンなども年賀状をまだまだ書く方が多いことでしょう。
特に職場での仕事の関係から、上司に年賀状を出す人も結構いるはずです。

でも、さすがに会社の上司にメールやLINEで新年の挨拶を済ませる訳にはいきませんよね。
上司にはしっかりと心がこもった年賀状を出したいものです。

そこで今回は、年賀状に一言添えて上司に出す書き方などをご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

上司への年賀状の一言は必ず手書きで!

上司への年賀状の一言を考える前に注意したいポイントが一つあります。

それは、できるだけ「手書きで書き添える」ということです。

2d75b_s

年賀状を出す時にすべて白紙の状態から書けるのであればとても素晴らしいことです。
でも、なかなかそのように書けないのが一般的で、どうしても印刷に頼ってしまうのではないでしょうか。
それに、よくある定例文だけではとても味気ないものです。

そんな時、そこに手書きの一言が加わることで全く違った温かみのある年賀状に変わるものです。
昨年の感謝の気持ちや本年の意気込み、上司に対しての気持ちなどを書き添えることで、受け取る側の気持ちも変わってくるものです。

やはり、手書きというものは温かみがありますし、それに印刷よりも手書きのほうが相手の目に止まりやすくなります。
しかし、印刷だけでは味も素っ気もありませんし、せっかくの心のこもったメッセージも台無しになってしまいます。

一言加える場合には、やはり面倒でも手書きでメッセージを加えることをお勧めします。

 

 

年賀状に添える一言の例文(一般例)

それでは、まずよくある一般的な例文をご紹介しましょう。
個性はありませんが、当たり障りのない広く使えるメッセージです。

  • 今年も変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします。
  • 入社◯◯年になり、さらなる飛躍の年とするべく努力する所存でございます。
  • 旧年は大変お世話になり誠にありがとうございました。本年も変わらぬご指導のほどどうぞよろしくお願いいたします。
  • 昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます。
  • 旧年中は大変お世話になりました。本年もご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。
  • 昨年は公私ともに大変お世話になり心より感謝申し上げます。
  • ご家族ご一同様 幸多き新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。

以上が一般的な、目上の方や会社の上司に年賀状を出す時に添える一言の例文になります。
また、下のような画像の文章も参考にしてみて下さい。

a5755

a5755b

 

 

年賀状に添える一言の例文(アピール例)

自分の近況やプライベートなどを織り交ぜて一言を添えることで、オリジナリティー溢れる年賀状になります。

旧年中は大変お世話になりました。

  • 日頃より熱心にご指導いただき誠に感謝いたしております。本年も熱いご指導をよろしくお願い致します。
  • ◯◯では貴重なアドバイスをいただき、私自身とても成長できたような気がしております。誠にありがとうございました。
  • ◯◯先輩のご指導がなければ今日の私は考えられません。今年も変わらぬご指導の程、宜しくお願いいたします。
  • 今年こそは、個人の売上目標を達成すべく努力して参りますのでご指導の程何卒よろしくお願いいたします。
  • ◯◯課長が新築されて心から尊敬しております。私も課長を見習い一歩でも近づきたく努力していく所存です。
  • ◯◯の案件では適切なアドバイスをいただき感謝しております。これを糧により一層精進して参ります。
  • 昨年は我が家に子供も生まれました。今年は家族のためにもより一層努力したいと思います。

このように、自分の近況やその時の感じ、これからおこなっていきたい事などを添えて年賀状を書くと親近感の湧く年賀状を書く事ができます。
以下の画像の文章とともに皆さんも参考にしてみてください。

a5755c

 

スポンサードリンク

 

 

年賀状に一言添える時の注意点

年賀状に一言添える場合にはいくつかの注意点があります。

それは、「避けた方がよい漢字」と「使用してはいけない文字」です。

いくら温かみのある親近感のある年賀状を書いたとしても、失礼な文章を書いたのではなんにもなりません。
文章には十分に注意しながら一言添えるようにしましょう。

 

できれば避けた方が良い漢字

「去」「失」「病」「倒」などの漢字は一言の文に入れないようにしてください。

見ていただければ分かりますが、全て悪い意味合いだという事がわかると思います。
去→いなくなる、失→なくす・うしなうという事、
病→病気になる、倒→倒産などを連想。

このように不吉な事柄を連想させる漢字は使わないようにしましょう。

 

句読点は使用しない

年賀状には句読点は使用しません。
(※上記の例文では読みやすいように便宜上、句読点を付けてあります。)

年賀状は普通の手紙やハガキと違って句読点を付けないのが基本です。
その点を打った部分で途切れてしまい、終わりを意味してしまうので使わないようにしましょう。

ほんの少しの事を気をつけるだけで良いので、上記の事柄に注意しながら年賀状を書くようにしましょう。

 

 

最後に一言

年賀状を会社の上司に出す時に、一言を添える事によって温かみのある年賀状になります。
一般的な硬めの一言も良いでしょうが、親近感が湧くようなとても親しみのある一言も良いものです。

今回紹介したのは参考文です。
上司との間柄や距離感はご自身にしか分からない事ですので、ご自分の境遇にあった一言を書くようにしてみて下さい。

また、上司に対して、失礼な漢字を使用しない、句読点を使わないという事も大切になってきます。
よく確認した上で年賀状を出しましょう。

今年出す年賀状は手書きで一言添えて、もらう上司の方が嬉しくなるような年賀状にしたいものですね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る