記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の花火大会は格別!長野えびす講煙火大会2016年の日程は?

b0ecfa_s

長野市のえびす講煙火大会は晩秋に行なわれる珍しい花火大会です。

通常花火大会というと夏祭りなどと一緒に開催され夏の風物詩として思い起こされますよね。

しかし、花火大会は夏だけじゃないんです。
夏の花火大会も当然良いのですが、11月という秋の澄んだ夜空に打ち上がる花火もまた格別です。

今回はそんなえびす講煙火大会の2016年の日程や見所などを詳しくご紹介します。

この花火大会は”時期的な珍しさ”と花火大会の内容の濃さでとても人気のある花火大会なんです。

 

スポンサードリンク

 

 

長野えびす講煙火大会の概要

長野市といえば善光寺。
その善光寺があるのが長野駅の近くですが、長野駅と善光寺の中間に権堂という町があります。
もともとこのえびす講の花火大会は、権堂周辺の遊郭の客寄席のために打ち上げられていたのが始まりです。

fadd0_s

しかし、時代は変わり、1899年から東日本地区を中心に行われたえびす講の景気付けに変わっていきます。
そして今日では、花火師たちが新作花火などを競い合う場所になって私たちの目を楽しませてくれます。

今も昔も、日本人はみんな綺麗な花火などが大好きなんですね。
人を楽しませてやまない、えびす講煙火大会の打ち上げ総数は約1万5千発の予定です。

秋の澄んだ夜空に打ち上がる盛大な花火をぜひとも体験してみてはいかがでしょうか。

 

それではこの歴史のある花火大会について、打ち上げ場所や日程についてご紹介しましょう。

 

 

2016年えびす講煙火花火大会の日程と開催場所

長野市は長野県の県庁所在地ですが、初めて行かれる方などは分かりにくいと思いますのでご紹介いたします。

開催日時: 2016年 11月23日(水)勤労感謝の日(祝日)

開催時間: 18:00 〜 20:00 ※雨天決行

打ち上げ場所:犀川第二緑地(国道18号長野大橋西側、国道117号丹波島橋東側)
※MAPは後半に掲載しています。

 

花火会場は入場無料ですが、お弁当やドリンク付きの有料席も用意されています。

有料観覧席のご案内

【プレミアムシート】
シート料金:1席1名 20,000円(抽選販売)
※大人、子供、乳幼児など年齢にかかわらず一律この金額となります。

prm-s

◆セット内容
・座席指定・イス1席、テーブル付(ゆったり2人掛け)
・無料駐車場(ビッグハット)
・豪華お弁当
・フリードリンク(アルコール・ソフトドリンク)
・膝かけ
・信州特産土産
・煙火大会公式プログラム
・使い捨てカイロ

プレミアムシートはとてもリッチな気分で花火を堪能する事ができます。

 

【えびすシート】
ebs-sシート料金:1席1名 4,200円
※大人、子供、乳幼児など年齢にかかわらず一律この金額となります。

◆セット内容
・座席指定・イス 1席 (テーブルなし)
・信州特産土産

・公式プログラム
・使い捨てカイロ

 

有料観覧席のチケット販売・申し込み先
http://www.nagano-cci.or.jp/ebisukou/index.html

 

 

えびす講煙火大会見どころやオススメスポットは?

えびす講煙火大会の見どころは、音楽と花火の共演「ミュージックスターマイン」や、「超ワイド特大スターマイン」です。

是非、超ワイドスターマインは見て欲しい作品ですね。

【2015 長野えびす講煙火大会 ミュージックスターマイン】

音楽に合わせて打ち上げられる花火は心が踊るものがあります。
次々と打ち上げられる美しくも盛大なスターマインは、きっと見る人に感動を与えることでしょう。

 

さて、つづいてはおすすめスポットを紹介しましょう。
大変混みますが、有料観覧席の後ろに午前中から席を取るのが一番よく見えます。

有料観覧席は、有料だけあって見やすいポジションに設置されていますから、その後ろを狙って陣取るのがオススメです。
ただし、同じようなことを考えている人が大勢いますので、なるべく早い時間から会場入りする必要があるでしょう。

その他のおすすめポイントとしては、長野大橋(国道18号)や丹波島橋(国道117号)の上からもよく見えます。

えびす講煙火大会のように川沿いで行われる花火大会は、河川敷なので遮るものが少ないため、いろんな場所でよく見えると思います。

g4190

どの場所もそうですが見やすい場所はとても大勢の人で混雑しますよね。
人混みを避けたいのであれば、やはり打ち上げ会場から離れた場所で見ることになるでしょう。

でも打ち上げ会場から少し離れてしまうと、迫力や臨場感などは感じれなくなってしまいます。
ただし、その代わりに花火全体がしっかり見れますし、混雑も会場周辺よりは少ないと思います。

近くで臨場感を楽しむのか、人混みを避けて遠くで見るのかはご本人次第となります。

それぞれの場所で見方も変わってくると思いますので、色んな場所を探してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 

 アクセス状況や交通規制は?

長野えびす講煙火大会の打ち上げ場所となる、犀川第2緑地までのアクセス方法は次のとおりです。

打ち上げ開催場所の犀川第2緑地は、国道18号線の長野大橋と国道117号線の丹波島橋の間の河川敷になります。

【犀川第2緑地のMAP】

◯車を利用の場合
長野自動車道 → 更埴JCT → 上越自動車道 → 長野ICで降ります。
長野ICから長野市内までは約15分(渋滞なしの場合)
当日は会場周辺で交通規制があり大変渋滞しますので、ゆとりを持った移動をおすすめします。
また、えびす講煙火大会会場付近は駐車場がなく離れた場所の臨時駐車場を利用するようになります。
そのため、臨時駐車場から打ち上げ会場まではシャトルバスでの移動になります。

◯駐車場情報
・臨時駐車場:エムウェーブ、真島臨時駐車場、長野地方卸売市場
・駐車料金:無料
・利用可能時間:15:00〜22:00まで
・有料シャトルバス:大人400円 子供200円になります。
15:00時から駐車できますので、早めに行って席を取る事ができますね。

◯電車利用の場合
長野駅から徒歩またはシャトルバスになります。
えびす講煙火大会会場の犀川沿いまでは、駅から徒歩で20分ほどで行けます。
また、長野駅善光寺口からのシャトルバスもご利用ください。

◯交通規制
花火を打ち上げる付近では、16:00をさかいに車両の交通規制が行われ歩行者天国になっていきます。
車でお越しの際は、早めに臨時駐車場へ向かうことをオススメします。

 

 

最後に一言、長野えびす講煙火大会について

えびす講煙火大会は歴史も古い花火大会であり、「超ワイドスターマイン」や「ミュージックスターマイン」など魅力が沢山ある花火大会です。

夏ではなく秋に打ち上がる花火は、季節が冬へ移行しようとしているためとても空気が澄んでいて、夏とは違った花火の美しさを見せてくれることでしょう。

どこでもそうですが、花火大会の会場はとても混み合いますので、時間にゆとりを持って行動してください。

この季節、長野の夜はかなり冷え込みますので、寒くない格好でお出かけ下さい。

夏の花火を見逃した方は、ぜひ晩秋の長野えびす講煙火大会で今年の花火大会の思い出を残して下さい。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る