記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車酔いしない方法!快適にドライブを楽しむために!

carsickness

楽しいはずの旅行なのに車に乗ると酔ってしまう!

車酔いがつらくてイヤだから旅行には出かけたくない!

そんな乗り物酔いでお悩みの方もたくさんいらっしゃいますよね。

車酔いをするのはとても辛いものですが、どうして酔ってしまうのか、
そのメカニズムや対処方法についてはご存知でしょうか?

今回は車など乗り物酔いについて、知っておくと便利な情報をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

車酔い、乗り物酔いの原因とは?

乗り物酔いには、車酔いや船酔いをはじめ、
他にも飛行機酔いや果ては宇宙酔いまでありますが、その原因はすべて同じで実に単純です。

それは、
「目からの視覚情報と三半規管で感じる平衡感覚が、揺れのせいで大きくズレて脳内が混乱してしまう」
ということで、それが吐き気などにつながるというわけです。

そのため、平衡感覚をつかさどる三半規管が未成熟な子供や、
車に乗りなれていない大人の方などは、根本的に乗り物酔いしやすい体質だといえます。

他にも、座るシートの位置によっても影響が変わってきますし、
車に対しての苦手意識、睡眠不足や疲労、空腹状態や満腹状態といったことも影響します。

他にも、近くばかりを見て目を酷使する、香水などの強い匂い、窮屈な服装など、
さまざまな要因が絡み合うので注意が必要です。

 

車酔いしないための対処方法は?

車酔いには体質など個人差がありますが、それでもできる限り車酔いを無くしたいものです。
そこで、少しでも車酔いを起こさないための対処方法をご紹介しておきましょう。

【車酔いの対処方法】

・進行方向と逆向きのシートに座らない…電車などでありがち。
逆向きのシートは加速や減速の影響を受けやすくなるので避けましょう。
・遠くの景色を見る…近い景色を目で追うのはやめましょう。
またゲームなどで手元を見続けるのも止めましょう。
・リラックスした状態で乗る…不安感を抱えたままだと酔いやすくなります。
軽い睡眠などでリラックスしましょう。
・前日にしっかりと睡眠をとる…睡眠不足と疲労は自律神経が乱れてしまい、酔いやすくなります。
・消化によいものを軽く食べておく…空腹でも満腹でも酔いやすくなります。
軽く食事をしておくと良いでしょう。
・スマホや読書をしない…目を酷使するのは厳禁です。
・強い匂いの香水は避ける…強い匂いも乗り物酔いを誘発します。
・リラックスした服装をする…ベルトやネクタイ、タイトな服装で体を締め付けると酔いやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

 

酔い止めにおすすめのアイテム

対処法を実践してもなかなか防げない場合もあります。
そういった時には酔い止め効果があるアイテムを使うのも良いでしょう。

・酔い止めバンド…手首の内関という乗り物酔いに効くつぼに刺激を与えるバンド。

・サングラス…わざと視界を悪くして目から入る強い刺激を軽減します。
・マスク…
強い匂いを防ぎます。
・梅干…
酔っている時に酸っぱいものは厳禁ですが、クエン酸は乗り物酔いを防止します。前日の食事に。
・乗り物酔いの薬…乗り物酔いを抑止するために事前に飲むものと、酔ってしまったら飲むものがあります。

 

酔ってしまった時の対処

・ミント味のタブレットや飴を口に含む…ミントには吐き気を抑える効果があります。

・炭酸が入ったドリンクを飲む…胃や自律神経を整えます。
・大き目の氷をゆっくりと舐める…氷の刺激で副交感神経に働きかけ、酔いを治めてくれます。
・内関のつぼを刺激する…手首から指を並べて1.5本の手の平側にあります。
親指で刺激すると酔いが軽くなります。
0db4_s

手軽に口に入れられるミントのタブレットや炭酸飲料などは、
同乗者が酔ったときの為にも準備しておくと便利です。

 

 

最後に一言、車酔いしない方法について

車酔いのメカニズムと対処方法について、いかがでしたか?

様々な要因があるものの、きちんとそれぞれに対処方法がありますので、
あまり不安にかられずリラックスして乗り物に乗りたいものですね。

根本的な車酔いの原因は平衡感覚を司る三半規管の未発達です。

しかし、これは大人であれば鍛えることで克服することができます。
「目をつぶって30秒片足立ち」、「ブランコで揺られる」、
「椅子に座ってくるくる回る」・・・など、
とても簡単なことで鍛えられるので、この機会に克服してみてはいかがでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る