記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、注目の観光スポット金沢の見どころ!ご当地グルメを食べ歩き

3595a7_s

金沢は、一度は訪れてみたい見どころの多い街でもあり、常に人気上位にランクする観光地です。
北陸新幹線の開通によって、関東方面からもアクセスがとても楽になりましたね。

金沢城をはじめ歴史深い街で、日本三名園の一つ兼六園や伝統工芸など見どころはさまざま。

また、日本海に面していることから豊富な海の幸を存分に味わうこともできます。

歴史的風情のある街を探索するのもよし、グルメ旅をするのもよし。
そんな金沢、「加賀百万石の魅力」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

 

金沢の歴史をちょこっと紹介

金沢市は石川県の県庁所在地で、江戸時代には、江戸・京都・大阪に次ぐ大都市でした。
しかし藩籍奉還により、武士に依存していた「加賀百万石」の経済力は急激に衰退し人口が激減する事となります。

景気沈滞に対して何とか盛り上げようと「殖産興業」が盛んに行われ、明治には「金沢製紙工場」も作られました。
また、撚糸会社や銅器会社も設立され、後に「繊維国石川」と呼ばれるようになりました。

現在の金沢は、城下町として観光資源にも富んでおり、日本三大名園の「兼六園」は代表的な観光地です。

また、藩主の前田利家の金沢入城記念に始まった「百万石まつり」は金沢市街中心部で盛大に行われています。

 

金沢の街の魅力とは?

金沢の街には、江戸時代を思い起こす情緒あふれる魅力的な街並みが数多くあります。

まず最初に訪れてみたいのは、そんな歴史を感じられる「茶屋街」ではないでしょうか。

金沢の城下街近郊を流れる犀川と浅野川の周辺には多くの茶屋が軒を連ねています。

03ca00_s

茶屋街を訪れるとまず目を引くのは建物の格子です。
この茶屋街の特徴的な格子はキムスコ(木虫籠)と呼ばれ、夜になると一段と情緒あふれる街並みとなります。

そんな街並みを歩くと茶屋からは三味線や太鼓の音が聞こえてきます。
なんとも風情のある空間に、一瞬、現実を忘れ去ってしまいます。

 

また、武家屋敷もぜひ訪ねたい場所のひとつです。

金沢の繁華街「香林坊」へ向かい、賑わう繁華街から路地を入って進んだ所にあるのが長家武家屋敷です。

土塀と石畳が続いており、用水路の流れも趣(おもむき)を添え、近くに繁華街がある事を忘れさせてくれる風情があります。

金沢は魅力的な街で、訪れてみたい名所や史跡が非常に多く存在します。
とても一日では廻りきれないので、数日かけて訪れるようにしたいものです。

 

金沢で堪能したい味覚といえば?

金沢はさまざまな味覚が楽しめる食文化も豊かな街です。

日本海の恵み、新鮮な「海の幸」、加賀平野の豊かな「野の幸」、白山山系を源とする清らかな「水」と「山の幸」。
四季を通じて生まれる自然の恵みが加賀百万石の料理文化を作り出しています。

09c6b2_s

 

四季の郷土料理

春=たけのこ
掘ったばかりのたけのこは、ゆでずに昆布をたっぷり入れてそのまま煮込めば柔らかく大変美味です。

夏=鮎
鮎の塩焼きや、ぶつ切りにし大根おろしと合わせた酢の物は代表的な食べ方です。

どじょうの蒲焼
生きているどじょうを骨ごと二つ切りにして串に刺し堅炭で焼き、たっぷりタレをつけてたべます。

秋=加賀れんこん
鰻の切り身やキクラゲ、百合根、銀杏などを蓮のすり身に混ぜて、蒸しあげ上品な味で知られている代表的な料理です。

冬=金沢おでん
地元の食材を活かした、蟹面(蟹の身やミソを蒸して甲羅に詰めたもの)や車麩など珍しい具材がいっぱいです。

かぶら寿司
輪切りにしたかぶらに、塩漬けした寒鰤の切り身をはさみ、麹、ニンジン、昆布とともに漬け込んだ正月料理。

鱈の昆布〆
冬の日本海でとれた鱈の薄造りを酒で湿らせて昆布で巻いた刺身です。

甘エビ
秋から冬にかけて、美しい紅色の小振りの甘エビは美味しい。

ズワイカニ
大きい雄かにの事、茹でて酢醤油で食べるのが一般的です。
雌はコウバコと呼び身が少ないかわりに甲羅にビッシリと卵とミソが詰まって美味しいです。

寒ブリ
厳しい寒さと荒波にもまれた身は引き締まり、十分脂ののった絶品でどんな料理にしても大変美味しいです。

 

年間通して美味しい料理

e00f8b_s

加賀懐石料理・ごり料理・冶部煮・鯛の唐蒸し・ふぐの粕漬け・ぬか漬け・コンカイワシ、などなど。

金沢には、まだまだ紹介しきれないぐらいの味覚がたくさんあります。

日帰りではなく、数日かけてゆっくりと食を堪能してみましょう。

そんな金沢の食を堪能できるスポットをいくつか紹介します。

スポンサードリンク

 

 

食べ歩きスポットのご紹介

ひとりでも、友達同士でも、家族でも美味しく食べて素敵にリフレッシュが出来るお店です。

●朝は海鮮丼でモーニング
「山さん」
まずは、近江町市場のお寿司やさん(ガイドブックに紹介される有名な寿司店)

●昼は「金沢21世紀美術館」でフュージョンランチ
おかわり自由なセットメニュ(地元の食材を自由に味わえるバイキングでおしゃれなランチタイム感覚が味わえます。

●夜はやっぱり本格的なお寿司が食べたい方に 極旨彩り寿司。
「弁慶」ホテル日航金沢にある大人気スポット

他にもご紹介したいスポットはたくさんです。

 

ここは外せない!金沢の台所「近江町市場」

87d5ym_s

やはり食のスポットといえば金沢の台所、近江町市場を外すことはできませんよね。

地元では「おみちょ」と呼ばれ親しまれている市場で、鮮魚・精肉・青果をはじめ、
180以上ものさまざまな小売店がひしめくとても賑やかな場所です。

地元の人だけでなく大勢の観光客が訪れる人気のスポットとなっていますので、
金沢の食を楽しむのなら是非訪れてみたいオススメの場所です。

 

 

最後に一言、金沢の見どころについて

古くて新しい魅了満載の金沢は、訪れる人それぞれが求める期待にきっと答えてくれるはずです。

金沢は戦時中に空襲をうけなかったこともあり、歴史的な情緒ある街並みが数多く残っています。

数日かけて金沢の街の見どころを十分に味わってみるのも良いでしょうし、
四季折々の食を堪能されるのも良いでしょう。

北陸新幹線の開通によりアクセスが便利になった金沢。
これから益々訪れる人が増えることでしょう。

みなさんも休日や連休などを利用してぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る