記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年ふたご座流星群はいつが見頃?観測条件は?

g4178

ふたご座流星群は、ペルセウス座流星群、しぶんぎ座流星群とならぶ年間三大流星群の一つです。

12月の冬空に見られるので、澄んだ空気の中できれいに見れるのが特徴です。

しかし、ふたご座流星群の観測条件はここ数年あまり良いとはいえません。

では、今年2016年のふたご座流星群の観測条件はどうなのでしょうか?

また、出現する時期や見頃となるピークはいつなのでしょうか?

今回はそんなふたご座流星群の2016年の観測時期について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

ふたご座流星群、2016年の観測期間とピークはいつ?

2016年のふたご座流星群の観測期間は次のとおりとなっています。

 

ふたご座流星群の観測期間:2016年12月10日〜17日

観測ピーク(極大時刻):12月14日午前9時頃

観測ピーク(減少傾向):12月14日の日没~15日明け方まで

 

観測のピークとなる極大時刻が午前9時頃というのが非常に残念です。

ちょうど極大を迎える時刻が朝になってしまうため、一番見頃のピーク時に見ることができません。
そのため極大時ほどではありませんが、夜間で比較的に見頃となるオススメの日にちを紹介しておきます。

 

見頃となるオススメな日にち

オススメ度①:12月13日の日没後~14日の日の出まで

オススメ度②:12月14日の日没後~15日の日の出まで

このように観測期間の中でも夜間に流星群が多く見られるピークは2016年12月13日、14日となっています。

 

2016年ふたご座流星群の観測条件は?

2016年の観測条件:×(悪い)

2016年のふたご座流星群の観測条件は、夜間でもあまり良いとはいえません。

今年の観測時期はちょうど満月と重なりますので月の光が気になってします。
月の明るさが邪魔をして見えずらいので、けっして好条件とはいえないようですね。

では、夜間でも観測しやすくするためにはどうしたら良いのでしょう?
ちょっとした工夫など観測のポイントを紹介しておきたいと思います。

 

 

ふたご座流星群の方角と観測方法

まず、流星群を観察する前にふたご座の位置を確認しておく必要があります。
ただ、星空を見上げてもすぐには見つけられませんので星座の位置から把握しておきましょう。

ふたご座の方角と位置

gemini229

12月の22時頃の星座の位置です。
ふたご座は、東北東の方角にありますので、ほぼ東の空を見上げればすぐに見つかると思います。
わかりにくい場合はオリオン座のやや左側を探してみましょう。
(※星座は常に動いていますので時間帯によっては位置が大きくずれる場合があります。)

 

2016年のふたご座流星群を観測する時のポイント

先述しましたように、今年は満月下での観測となるので月明かりが邪魔になってしまいます。
そのため、なるべく月を背にして観測するようにしましょう。

夜空は一度に全部を見渡すことができないくらい広いので、月に背中を向けた状態でふたご座流星群を探しましょう。
すると、比較的に観測がしやすいと思います。

残念ながらこの時期は満月が沈まずに夜通し見えています。
なるべく月の明かりに影響されないような味方をするように工夫しましょう。

 

 

ふたご座流星群の規模、流れ星の数は?

ふたご座の方角は東北東(ほぼ東)で、放射点はふたご座α星のあたりになります。

α星といっても分からないかもしれませんが、いずれにしてもふたご座の近辺を見ていれば放射点がわかると思います。

流星は放射点を起点として四方八方へ飛び散りますので、特定の位置を気にしなくても割りと広範囲で見ることができるでしょう。
ただし、流星群はとても速いスピードで流れますので、見落とさないように注意深く観測しましょう。

そして気になる流星群の規模、すわなち流れ星の数ですが、
2016年のふたご座流星群の規模は、1時間当たりの40~60個ぐらいの流星が発生します。
極大期では1時間に100個近くの流星が出現するとされています。

極大期は午前9時頃と日が昇った後なので見ることはできませんが、先述したオススメの見頃の時間帯であれば40~50個は見ることができると思います。

12月13日~14日の夜がきれいに晴れ渡っていると良いですね。

 

 

ふたご座流星群の特徴

出展:www.study-style.com

出展:www.study-style.com

ふたご座流星群は年間三大流星群のひとつにあげられる大規模な流星群です。

年間に流星群はかなり多く出現しますが、その中でも年間最後の12月に見られるのがふたご座とこぐま座です。
しかし、規模の大きさでは圧倒的にふたご座の方が大きく、とても見ごたえのある流星群と言えるでしょう。

和名はふたご座(双子座)で学名はGemini(ジェミニ)で、双子の兄弟が仲良く並んだ形をしているのが特徴です。

おうし座の角の先の方角にある2つの明るい星が目印で、それぞれα星がカストル、β星がボルックスとなっています。

ふたご座流星群を観察する時には、このα星カストルの付近が放射点となりますので、このα星を探すと比較的によく観察できるのではないでしょうか。

 

ふたご座流星群は、1時間当たりの流星の数が多い時には100個以上に達し、流星群の中でも比較的数の多いのが特徴です。

近年では流星痕などが見つかり、流星群といえばすぐに思い出されるような印象の流星群になっています。

この流星群が初めて観測されたのは今から154年も前の1862年のこと。
その当時は規模も小さく1時間に10個程度しか見られませんでしたが、次第に出現数が増え、現在では非常に大規模な流星が見られるようになりました。

 

スポンサードリンク

 

 

ギリシャ神話のふたご座の物語

ギリシア神話の中の双子にまつわる、とても心温まる兄弟愛の物語です。

神々の中の王である大神ゼウスに4人の子供が生まれるところから物語は始まります。

ftl127_xs

ゼウスには正妻がいましたが、不徳にも王妃レダに恋をし不倫を犯してしまいます。
その時にレダは4人の子供を身ごもり、四つ子を生むことになります。

クリュタイムネストラ(姉)とカストル(兄)、そしてヘレネ(妹)とボルックス(弟)の4人です。
(この中の男兄弟カストルとボルックスがこの物語の主人公です。)

しかし、生まれてきたそれぞれの子供は不倫のため血筋が違っていました。
クリュタイムネストラとカストルにはレダ王妃の夫である国王の血が、ヘレネとボルックスには神ゼウスの血が受け継がれていました。

そのため弟のボルックスは神の力が宿り不死身となりますが、兄のカストルは人間であった為やがては死ぬ運命にありました。

でもボルックスとカストルの二人は男同士ということもあり、非常に仲の良い兄弟でした。
幼い頃から常に一緒に遊び、共に学び、そして成長してからも勇者として共に敵と戦ってきました。

German architecture

しかしある時、つまらないことから従兄弟のイダスとリュンケウスといざこざを起こしてしまいます。
そのいざこざがやがて大喧嘩となり、最終的には殺し合いにまで発展してしまいます。

そして、その殺し合いで兄のカストルは従兄弟イダスの槍に突かれて死んでしまいます。

悲しんだ弟のボルックスは大神ゼウスに頼み、自分の不死性を半分兄に分け与えて欲しいと願い出ます。
ゼウスは他の神とも相談しボルックスの命を半分カストルに与え蘇らせることとしました。

これによりボルックスとカストルは神と人間の力が半分ずつとなり、1日の半分は神として天の上で過ごし、残りの半分は地上で人間として楽しく暮らすようになったそうです。

その後、双子の強い兄弟愛がやがて星座となり、そして「ふたご座」になったと言われています。

 

 

最後に一言、2016年ふたご座流星群について

12月の流星群、ふたご座流星群の2016年の情報について紹介いたしました。

12月の空気はとても冷たく夜空がとても綺麗に輝きます。
しかし、その反面とても冷え込みますのでしっかりとした防寒対策を行って観測するようにしてください。

そして、観測する時の注意点ですが、なるべく街灯やネオンのある場所は避けましょう。
街の灯りが邪魔をして流星群が見えずらいと思います。

最も良いのは光の少ない場所、山や高原などに行って観測する事をお勧めします。

また、観測する日を決めた場合には、事前に天気予報も確認しておきましょう。
観測する日がスッキリと晴れたいい天気であると良いですね。

 

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る