記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィンのかぼちゃの由来を知れば何倍も楽める!?

f38bd3_s

10月になるといろんなお店のディスプレイでかぼちゃを見かけませんか?

近年、日本でもかなり浸透してきているハロウィン。

色々な場所で仮装パレードが催され、思い思いの仮装で楽しまれるようになりましたよね。

でも、ハロウィンってどんな行事で、何故かぼちゃが使われているんでしょうか?

そのかぼちゃの由来やハロウィンの由来を知ると、もっとハロウィンを満喫できるのでないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

かぼちゃが使われるようになった由来は?

10月31日に行われるハロウィンとは、11月1日の万聖節の前夜祭にあたります。

もとは秋の収穫を祝い悪霊を追い出すヨーロッパの宗教的な行事でしたが、アメリカに渡り民間行事として定着しました。

現在は仮装した子どもたちがお菓子を貰ったり、かぼちゃのランプを飾りつけたりと、大人から子どもまで楽しめるイベントになっています。

5a9c31c_s

ハロウィンは、もともとアイルランドのケルト人が行なっていたサウィン祭が起源といわれます

10月31日は当時のケルト人にとって大晦日にあたり、その日はこの世とあの世の境い目が曖昧になり、幽霊や魔女とともに死者の霊が現れると信じられてきました。

人々は動物の皮を被ったり、仮面や衣装で恐ろしい格好をして悪霊の目を欺き、夜には悪霊を追い出すかがり火が町内ごとに焚かれました。

ケルト人はその火を各家庭に持ち帰り、かまどに火を点けて悪い精霊が家の中に入らないようにしたのです。

これにちなみ、かぶを恐ろしい顔にくり抜いてランプを作り、悪霊を追い払うため家の前に飾りました。

やがてアメリカに渡ったアイルランド人は、かぼちゃが沢山実っており加工しやすかったため、かぼちゃでランプを作るようになったのです。

 

かぼちゃにまつわるジャック・オ・ランタンとは?

4560dad_sw

ハロウィンのシンボルとして有名なかぼちゃのお化けはジャック・オ・ランタンと呼ばれ、かぼちゃを被った男の姿で定着していますよね。

もとはアイルランドの伝承で、ジャックという怠け者でずる賢い男の話なのです。

ジャック・オ・ランタンにまつわる話し

ジャック・オ・ランタン、彼は嘘つきで人を騙してばかりいました。

ハロウィンの夜、酒場で酔っている時に悪魔と出会います。

ジャックの魂を奪いに来た、という悪魔に対し「俺の魂はやろう。」
「人生の最後に酒を飲みたいが酒代がない。飲ませてくれないか?」とお願いし、
コインに化けた悪魔を十字架で抑えつけ、財布に閉じ込めてしまいました。

f38bd3_s

「これから10年、魂を奪いにこないなら解放してやる」という条件で悪魔は解放されました。

そして約束の10年後、夜道を歩いている彼の前に悪魔が現れました。

ジャックは「最後にあの木の上の林檎が食べたい、とってきてくれないか」と話し、悪魔が木に登った隙にナイフで林檎の幹に十字架を刻み、悪魔が木から降りられないようにしました。

彼は二度と自分の魂を取りにこないよう誓わせ悪魔を木から降ろしてやりました。

約束の通りジャックは魂を奪われることなく天寿を全うしますが、嘘つきのジャックは天国へは入れません。

e5ba1_s

仕方なく地獄へ向かいますが、再会した悪魔から「約束だからお前の魂は取れない」と拒まれ、天国へも地獄へも行けなくなりました。

真っ暗な道を彷徨うことになったジャックは悪魔に「お願いだから灯りをくれないか」と頼み、道端に転がっていたかぶをくり抜いて悪魔からもらった炎を入れてランプにし、歩きはじめました。

それからジャックは、この世とあの世の狭間を当てもなく彷徨い続けているのです。

 

スポンサードリンク

 

 

最後に一言、ハロウィンのかぼちゃの由来について

ハロウィンのかぼちゃには、どことなくユーモラスなランプからは想像できない、ちょっと怖い由来があったんですね。

日本人にはまだあまり馴染みがないハロウィンですが、その由来や背景を知ることで、もっとイベントを楽しめるようになるのではないでしょうか。

もし、ご家族や友人からハロウィンやかぼちゃのことを聞かれても、由来について知っていれば自慢ができますし、しっかりと説明することもできますよね。

ハロウィンの知識が増えたということで、今年のハロウィンは何倍も楽しめると思いますよ。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る