記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの冷房と除湿の違いを知って、節電対策!

e84ccbbf_sw

皆さんは寝苦しい夏の夜、冷房と除湿のどちらを利用されていますか?

もしかして、「冷房は電気代が高く、除湿は電気代が安い」と考えて、
暑さを我慢していませんか?

省エネも大事ですが、一歩間違えば熱中症などに陥ることもあり、
暑さを我慢しすぎるのはとても危険です。

それに、実は除湿機能が省エネとは一概に言えないのです。

スポンサードリンク

 

 

エアコンの除湿機能とは?

エアコンの冷房機能と除湿機能、それぞれの機能にどんな効果があるかご存知でしょうか?

「当然だ」と思われるかもしれませんが、実はそれを詳しく知るのが非常に重要で、
エアコンを効率的かつ効果的に利用するためには最も近道なのです。

b997b9_s

冷房は部屋の温度を下げることを目的としていて、除湿機能は部屋の湿度を下げることを目的としています。

温度が上がると、空気は水分を多くたくわえられるようになります。

つまり温度が上がることで湿度が上がってしまい、結果として強い不快感を感じてしまうのです。

逆を言えば、温度を下げると空気は多くの水分をたくわえられなくなり水になります。

冷水を注いだコップに水滴が付くのはそのためです。

除湿をする際、エアコンの内部では空気を冷やすことで水滴を作り、それを室外機で外に排出しているのです。

また、除湿機能には二つのタイプがあり、一つは「弱冷房除湿」という除湿した後、軽い冷風として送り出します。

もう一つは「再熱除湿」で、こちらは除湿した後に温め直してから送り出します。

 

除湿と冷房、どっちが省エネ?

d7c0b8_s

お使いのエアコンが「弱冷房除湿」なのか「再熱除湿」なのかは取扱説明書に記されています。

「弱冷房除湿」の場合、冷房よりも電気代を安くなる可能性がありますが、
「再熱除湿」の場合、冷たくなった空気を温め直す分だけ電気を余分に使うため、
「弱冷房除湿」よりも余分に電気代が掛かってしまいます。

実際の電気料金としては「弱冷房除湿<冷房<再熱除湿」となるため、一概に「除湿が省エネ」とはなりません。

また前記した通り、除湿機能と冷房機能は、目的が違います。

梅雨時のような湿度が高いときには除湿を、真夏日のような温度が高いときには冷房を利用するようにしましょう。

 

電気代を節約!冷房の上手な使い方

省エネのために電化製品の電源をこまめに切る方も多いと思いますが、
エアコンの冷房機能についてはそれが当てはまりません。

冷房機能はエアコン内部で一気に空気を冷やしてから、風量で温度を調整しています。

そのため、エアコンは電源を入れるときが最も電気を使います。

エアコンの冷房機能を1~2時間ほどしか使わない程度ならば、
電源をこまめに切らずに連続運転させたほうが省エネになるのです。

また、エアコンの設定温度は28℃、風量は自動運転が最も省エネとされています。

暑いと感じられる場合、サーキュレーターを利用しましょう。

7df6bca_s

冷たい空気は足元に溜まる性質があるので、エアコンの風向きの角度を水平にして、
空気を循環させるサーキュレーターを天井に向けて回すと、
冷たい空気を部屋全体に循環させることができます。

ちなみにエアコンの設定温度を1℃上げると10%の省エネ効果があるとされています。

 

最後に一言、エアコンの冷房と除湿について

除湿機能と冷房機能は、もともとから使用する目的が違います。

確かに弱冷房除湿は多少冷たい風がエアコンから出ますが、あくまでも除湿です。

冷房機能ほど部屋を涼しくすることはできません。

また、サーキュレーターなどを利用することによって、冷房機能の電気代も抑えることは十分に可能です。

除湿機能と冷房機能、それぞれの特徴を理解して快適な夏を過ごしたいものですね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る