記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の北海道!大雪山の紅葉の見ごろはいつ?

64c84_s

北海道の中央部にそびえる大雪山は、日本列島の中でもいち早く紅葉が見られるスポットです。

夏の暑さが落ち着いた頃、自然豊かな山々は、赤や黄色に鮮やかに色付きますが、
紅葉のタイミングは、日本列島各地により全く違う時期になります。

日本列島の各地で秋を感じはじめる中、大雪山ではすでに紅葉が見ごろを迎えます。

そんな北海道・大雪山の紅葉の見ごろの時期とはいつなのでしょうか?

大雪山とはどんな魅力があるのでしょうか?

今回はそんな大雪山について詳しくご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

大雪山の紅葉・見ごろの時期はいつ?

北海道の大雪山の紅葉の時期は、日本各地の山々の中でも、1、2を争う早さだと言われています。

 

紅葉の始まり:例年では9月の上旬から

見ごろの時期:9月下旬ごろ

 

なぜ大雪山の紅葉の始まりが早いのかというと、やはり北海道という地形に要因があるのでしょう。
大雪山系は北緯43度39分と日本列島のかなり北に位置し、しかも標高2,000m級の高い山々が連なってそびえています。

紅葉は気温が17℃を下回るようになると次第に木々が色づき始めますので、寒い地域の山々から徐々に紅葉が始まっていきます。

そのため日本列島のどこよりも早く寒さを迎える大雪山系の山々は、真っ先に紅葉が始まるというわけなのです。

そんな季節の移り変わりも早く、紅葉の時期が早く訪れる大雪山ですが、
紅葉の見ごろ時期には、まるでとても大きな絵画を見ているような絶景が広がります。

まだ訪れたことがない方は、是非その目で一度ご覧になってみてください。

壮大な風景にきっと感動されることと思います。

 

秋の大雪山の魅力は?

まず、大雪山は1つの山を指すのではなく、大雪山連峰2000m級の火山群の総称になり、日本最大級の国立公園「大雪山国立公園」の中に存在しています。

旭岳・北鎮岳・白雲岳・愛別岳・北海岳・黒岳・赤岳・緑岳(松浦岳)の一連の山々を総称し大雪山糸と呼びます。

この大雪山の魅力はやはり、山登りの途中に広がる360°のパノラマが展開する素晴らしい景色ではないでしょうか?

e3113e_s

それぞれの山々が織り成す季節の移ろいはとても美しいものです。
大雪山系のあちこちから始まっていく紅葉前線はとても見ごたえのあるものとなっています。

大雪山の中の「黒岳」という山がパワースポットとしてあります。
この山は、比較的に登りやすい山として知られています。
この黒岳にはロープウェイがあるので紅葉を見るにはとても良いのではないでしょうか?

c0989ac_s

黒岳駅(層雲峡・黒岳ロープウェイ)

 

旭岳、赤岳もまた紅葉の名所として知られています。

赤岳にはコマクサ大群落などがあり見どころ満点ですね。

さまざまな山々からできている大雪山は何度行ってもその魅力に圧倒されること間違いないでしょう。

何度も足を運んで大雪山の新たな魅力を探し出してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

大雪山おすすめスポット

魅力のところでも幾つかご紹介いたしましたが、大雪山のおすすめスポットはどんな場所があるのかご紹介します。

何と言っても是非、行っていただきたいスポットとして、旭岳の「沼ノ平」と言う高層湿原があります。
湿原は空気が澄んでいてとても綺麗な場所ですよね。

出展:blogs.yahoo.co.jp

出展:blogs.yahoo.co.jp

 

高層湿原での紅葉は天気にも左右されますが、とても良い景色が見れると思いますよ。

そして、先ほどお紹介した黒岳のロープウェイも是非体験していただきだいおすすめスポットの1つです。

出展:blogs.yahoo.co.jp

出展:blogs.yahoo.co.jp

全くの手放しで高いところから絶景を望めますので、観光にはぴったりだと思います。

景色がとても綺麗なのでその景色に吸い込まれそうになり、高いところにいるのを忘れてしまうくらいだと思いますよ。

老若男女楽しめるスポットだと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

大雪山へのアクセス情報

遠方の観光、旅行等なのを想定して、主要空港から大雪山のアクセス情報をご紹介したいと思います。
是非、参考にしてください。

今回は大雪山・層雲峡・黒岳ロープウェイまでのルートを紹介します。

公共機関利用の場合

JR石北本線上川駅より道北バス「層雲峡・上川線」乗車約30分
終点「層雲峡」下車、徒歩5分

 

マイカー・レンタカー場合

・札幌市内から:道央自動車道から比布JCTにて旭川紋別道に乗り換え上川層雲峡ICまで約2時間30分。
そこから国道39号を北見・網走方向へ約30分
・旭川空港から:当麻町、愛別町を抜け、国道39号へ入り北見・網走方向に約1時間30分
・旭川から:国道39号を網走・北見方向に約1時間30分
・北見から:国道39号を旭川方向に石北峠を越え約1時間30分
・帯広から:国道273号を旭川方向に三国峠を越え約2時間

北海道はとても広いので移動にもとても時間がかかります。
大雪山もまた広範囲に広がっている山脈です。

電車やバスを利用するとなると時間的な制約もありますし、広範囲に移動できません。

北海道、大雪山に行くのであれば、やはりレンタカーを借りるのが一番良い方法だと思います。

いずれにしても半日くらいは移動時間にとられてしまいますので、
ゆっくりと一日かけて大雪山の魅力を感じ取ってみてはいかがでしょうか?

その移動時間をどのように楽しむかもまた旅の醍醐味かもしれませんね。

 

 

最後に一言、大雪山の紅葉について

日本の紅葉スポットは数多くありますが、1番早く紅葉し始める大雪山。

大雪山の紅葉は必ず観ておきたい景色の一つですよね。

皆さんが行かれた時に違う楽しみ方、自分だけのおすすめスポットを見つけてみると、もっと思い出に残り楽しい旅行になること間違いなしです。

また、北海道の場合は移動や観光には時間がかかりますので、必ず目的地の近くにホテルを取ることをお忘れなく!

紅葉が始まる頃には気温も下がりますので、寒さ対策も忘れずに出かけましょう。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る