記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の季節行事、中秋の名月・十五夜をもっと知ろう!

edc279e_s

お月様、普段はあまり気にしないものですが、とても話題の多いものですね。

昔から、「月にはウサギが住んでいる」〜なんてことも言われますよね。

その月にまつわる行事、中秋の名月、十五夜っていったいどんな意味なんでしょう。

日本の季節行事。知っていそうでよく分からないことも多いのではないでしょうか。

そんな日本の風習をじっくりと考えてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

 

中秋の名月とは? 仲秋の名月との違いは?

中秋と仲秋、同じように使われることがありますが、実はまったく違う意味になります。

まずはじめに、旧暦の秋について知ることから始めましょう。

昔の秋は旧暦の7月・8月・9月ごろとなっていました。

そして、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼び、この3つの時期を称して「秋」としていたのです。

現在の暦では、8月から10月がそれにあたりますので、現在の仲秋は9月となります。

 

仲秋と中秋は何が違うのか?

先ほど仲秋とは、秋の真ん中である旧暦の8月(現在の9月)と言いましたが、
仲秋は、その旧暦8月のひと月の期間を指しています。

そして、もう一方の中秋とは「秋の中日」、すなわち旧暦8月15日だけのことを指します。

ですから、「仲秋の名月」というと旧暦8月に見える美しい満月のこととなり、
「中秋の名月」という言い方をすると旧暦8月15日頃に見れる美しい満月ということになるわけです。

 

子供に教えたい十五夜の意味

ここで問題です。 一年に満月の時は年に何回訪れるでしょう?

・・・・・

答は12回です。(うるう年は13回ですね)

満月が年に12回訪れるのは分かったけど、そのことがどう十五夜と関係してくるのでしょう。

実は、古来から満月の時のお月様のことを十五夜と呼んでいるんですね。

その理由は、月というのは「新月から満月になるまで15日間かかる。」、
と言うのが十五夜と呼ばれる由来になっています。

また、旧暦の8月15日が一番満月が綺麗に見えるようだったことから、十五夜はその日となったようです。

この旧暦の8月15日は毎年変動していくものなので、その年ごとに調べる必要があります。

現在の暦では、9月中旬〜10月上旬の秋空に見える満月が中秋の名月、十五夜となります。

いかがだったでしょうか? 子供にも十五夜の意味が教えられるのではないでしょうか。

どうぞご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

 

ところで2016年の十五夜はいつなの?

さて、では今年2016年の仲秋の名月・十五夜はいつになるのでしょうか?

ズバリ、2016年の十五夜9月15日の木曜日となります。

旧暦の8月15日を指しますから毎年違うわけですね。

夏の暑さも少し和らぎ秋らしくなってきている頃ですね。

稲穂はおそらく収穫が出来ないかと思われますから、ススキを用意しましょう。

9月15日が晴天で綺麗なお月様が観れて感謝出来るといいですね。

日本古来から伝わる四季折々の行事として大切にしていきたいものです。

 

十五夜のお供え物は何をお供えするの?

十五夜のお供え物ですぐに思い浮かんでくるものはお団子とススキですね。

この二つについてお供えする意味ってご存知でしたか?

しっかり意味あってのお供え物です。これから紐解いて行きましょう。

十五夜のお団子

まずお団子の意味ですが、収穫の感謝の意味合いだったりするので、お供えしたお団子をいただくことによって「幸福が訪れる」と考えられています。

また、お供えする数量も違いがあります。

一般的には十五夜に合わせお団子も15個だったりしますが、
最近では、たくさん飾れないから5個だけだったりとか、みたらし団子で済ませてしまうなど、
その辺はご家庭の都合で様々となっているようです。

odango-w

このお団子は、各地域によっても多少違うのですが、
お団子をお供えする気持ちはみんな変わりませんよね。

 

十五夜のススキ

次にススキには、カットした切り口が鋭いと言うことから魔除けの意味が込められています。

また、ススキは稲穂の代わりに備えられているんですね。
それは、神様が稲穂に宿るからだそうです。

しかし、旧暦8月15日には稲穂が間に合わずススキを代用したのが始まりで、今もススキを飾る習慣になったという説もあります。

2a2311_s

ススキはとても大きいものが多く取りに行くのも大変です。

でも、最近ではスーパーやホームセンター等でも売っていますので、
秋のイベントとしてしっかり飾るように準備したいものですね。

 

最後に一言、中秋の名月・十五夜について

いかがでしょう?お子様にも説明できるようになりましたでしょうか?

近年ではあまり見られなくなった十五夜の習慣ですが、日本人として古くからの風習をぜひ受け継いでいきたいものです。

十五夜は、家族みんなで綺麗なお月様を見る素晴らしいイベントです。

美しい満月を眺めながら昔の人のことを考えてみるのも良いかもしれません。

秋の夜長、是非みなさんで楽しい十五夜をお楽しみください。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る