記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーキュレーターと扇風機の違いを知って上手に節電!

7df6bca_s442

ここ数年、家電製品の中で注目されている商品としてサーキュレーターがあります。

冷房・暖房ともに、「エアコンの電気代を節約する」関連アイテムの一つにもあげられています。

サーキュレーターは扇風機と同じような「風を起こす機械」なのですが、
その形状が全く違うように、使用する目的も用途も全く違います。

では、サーキュレーターと扇風機では、何がどう違うのでしょうか?

今回は、そのサーキュレーターの有効的な使い方について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

サーキュレーターと扇風機の違いは?

夏の家電

一見、サーキュレーターと扇風機の機能はとてもよく似ていますが、元々からの使用目的が違います。

簡単にいえば扇風機は、「体に風を当てて涼むこと」を目的としていて、
サーキュレーター「空気を循環させること」を目的としています。

そのため、扇風機は扇状に優しく風が広がりますが届く距離が短くなります。

逆にサーキュレーターは、直線状の強い風が遠くまで届きます。

サーキュレーターは基本的に送風に特化しているため、
扇風機のように細かく調整できたり、複雑な機能はついていませんが、
首の角度を正面から真上まで調整できるため、あらゆる角度に風を送ることができます。

 

サーキュレーターの効果的な使い方とは?

冷房 節電

サーキュレーターは、エアコンと同時に使うことでその本領を発揮できます。

エアコンで冷やされた空気は足元に溜まる性質があり、それが冷房の効率を大きく下げています。
そこでサーキュレーターを使い、冷たい空気を部屋中に循環させることで冷房の効率を上げるのです。

サーキュレーターの風は直進性が強いことから、壁に当たっても跳ね返るため、
冷たい空気が広く循環してくれます。

また、扇風機はあくまで夏場に使用するものですが、サーキュレーターは空気の循環が目的ですので、
暖房を使う冬場でも暖かい空気を循環させることに利用すれば、暖房の効率を上げることも可能です。

他にも、室内の温度が高いときに部屋の窓を二箇所以上全開にし、
サーキュレーターを室外へ向けて送風すると、室内の熱い空気を強制的に排出し、
室内の温度が早く下がるのでぜひ利用してみてください。

これは直線的で強い風を起こすことができるサーキュレーターならではの方法で、
扇状に弱い風しか起こせない扇風機ではあまり効果がありません。

 

スポンサードリンク

 

 

エアコンにサーキュレーターって電気代がかかるのでは?

sakyul01

一般的なサーキュレーター(50W)の電気代は、1日8時間の使用で10円程度です。

ではエアコンはどうかというと、
6畳用エアコン(500W)が1日8時間の使用で100円程度とされています。

エアコンは設定温度を1度上げると、10%の省エネになるといわれていますので、
サーキュレーターを上手く併用することで、かなりの省エネになります。

エアコンにサーキュレーターを使うと電気代が増えると思うかもしれませんが、
上手に効率よく使うことで、かえって電気代の節約につながるのですね。

 

最後に一言、サーキュレーターについて

本来、サーキュレーターと扇風機は使い方が根本的に違うため、比べてもあまり意味がありません。

サーキュレーターとエアコンの相性はとてもよく、冷たい空気を効率よく循環させることで、
エアコンの設定温度を上げることができ、結果として省エネにもつながります。

今年の猛暑はエアコンとサーキュレーターを上手く活用して、
快適に過ごしつつ、電気代も節約したいものですね。

関連記事

スポンサードリンク

Ninja Tools

ページ上部へ戻る